コラム

消防法を知っていますか? 安心と安全のためには消防設備の管理が大切

消防法を知っていますか? 安心と安全のためには消防設備の管理が大切

私たちが普段過ごしている学校や職場、商業施設、病院などで、もしも火災があった場合、あなたはどうしますか?
自分の身を守るためには、消防設備について知っておくことが大切です。
消火器や消火栓、火災警報など、見たことはあるけれど用途や仕組みが分からない人は要注意です。
消防設備の正しい知識を身につけて、自分の身は自分で守りましょう。

また、建物の管理者には、消防法を守る義務があります。
消防設備の設置はもちろん、管理や報告の必要があることをご存じでしょうか。
本記事では、法律で定められている消防設備について、しっかりと確認しておきましょう。

法律で定められている消防設備の重要性

建物の消防設備については、消防法によって細かに定められています。そのため、建物の管理者は、法律で定められた設備を設置し、定期的な点検を行い、その結果を消防長や消防署長に提出する必要があります。

この消防法に反した場合は、罰金の徴収だけでなく、そもそも万が一の場合に対応できない危険性もあります。法律を守り、人の命を守るために、消防設備の管理は大変に重要です。

3つの消防設備

一言で「消防設備」といっても、その種類はさまざまで、大きく分けると「消火設備」「警報設備」「避難設備」の3つの設備に分かれています。この3つは、それぞれ異なる役割を持ち、どれか一つでも欠けてしまうと消防設備として成り立ちません。それぞれの設備にどのような役割が、種類があるのか、きちんと把握しておく必要があります。

消火設備について

消火設備とは名前の通り、直接的に炎を消す役割を担う設備のことです。学校や職場などでも、見える場所に設置されていることが多く、人々にとって身近な存在といえます。以下では特に設置されていることが多い3種類の設備について説明していきます。

消火器

赤い筒型が目印の消化器は、人が操作することで直接炎を消すことができる消火設備です。水や圧力で消火するものをはじめ、炭酸カリウム、ハロゲン化物、二酸化炭素など、消火器の種類によって、火を消す仕組みは異なります。

操作方法は基本的には同じですが、安全に使用するために、必ず本体に記載された使用方法を確認しておく必要があります。いざ使うときに戸惑わないために、事前にしっかりと確認しておきましょう。

屋内消火栓

屋内消火栓は、火災が大きくなり、消火器では対応しきれない大きな炎に使用する消火設備です。本体の扉を開けると、ホースが収めてあり、水源から直接放水ができます。

スプリンクラー

スプリンクラーは、主に天井に設置される消火設備です。本体が火災を察知すると、自動的に水が放出されます。

警報設備について

警報設備とは、火災の可能性を感知し、いち早く知らせてくれる設備です。炎や熱、煙、ガスなど、センサーが感知するものによって、いくつかの種類があります。以下では、代表的な2種類について紹介します。

自動火災報知設備

自動火災報知設備は、熱や煙、炎を感知し、火災を知らせてくれます。主に、感知器・中継器・受信器・発信器から成り立ち、火災が起きていることはもちろん、火元となった場所を知らせてくれる設備です。

ガス漏れ検知器

ガス漏れ検知器は、主に台所やガスストーブを使用している場所などで、ガスが漏れていることを知らせてくれます。火災を未然に防いだ実例もあり、火災防止としても効果的な設備です。

避難設備について

避難設備とは、実際に火災や非常事態が起きてしまった場合に、人が外へ避難するため設備です。主に階段やはしご、すべり台など、高い場所から外に出るための設備で、その多くが通常時には収納されています。収納場所や広げ方など、事前に確認してください。

そのほかの重要な消防設備について

上記の3つのように、一目で消防設備と分かるもの以外にも、数多くの設備が備えられています。消火活動に必要な水を貯水しておくタンクや池、煙を外に逃がすための設備、非常時に使用できるコンセント設備など、多種多様な設備が私たちを守っています。

建物の内側や見えない箇所に隠されている設備もありますが、こちらも漏れなく確認や点検をしておくことが大切です。

まとめ

学校や職場、商業施設など、私たちが生活している場所では、さまざまな消防設備が常に安全を守ってくれています。その重要性やそれぞれの用途、種類などについて、少しでもご理解いただけましたら幸いです。そして何よりも、万が一のときのために消防法に沿って、設備の設置や管理・点検が必要です。

また、消防法では人々の安全を守るために、建物の種類によっても細かな消防設備の決まりが定められています。安全のために、消防法を守ることはとても大切ですが、設備の点検や報告などは、専門知識がないと難しいことかもしれません。

「株式会社三愛サービスセンター」では、消防設備の管理や点検を専門知識と確かな技術によって、一括してお任せいただけます。安心・安全のためにも、ぜひとも私どもにご相談ください。

空調設備の管理とは? 重要性や種類について解説!

空調設備の管理とは? 重要性や種類について解説!

空調は普段の生活で欠かせませんが、空調管理について詳しくご存じの方は多くはありません。
今回は、空調設備の管理をはじめ、重要性や種類についても解説していきます。

空調設備の管理とは

空調設備管理とは、空調の配管や取り付けなどによる管理を行います。配管トラブルなどにも対応している場合が多いです。空調設備管理は一般的なビルだけでなく、百貨店や映画館などの商業施設や学校や病院でも行います。エアコンがないビルは今ではほぼ100%ありません。空調設備の管理は空調のある場所全てに必要です。

空調設備の管理はピンポイントでなく、ビルメンテナンス業としてほかの設備業務を行っている場合が多いです。空調設備の管理以外にも電気や配管、消防設備などのビルの管理に必要なメンテナンス業務は多くあります。ビル管理で空調設備を管理業者に依頼する場合には、ほかの設備も請け負っている業者を選ぶのがよいでしょう。

空調設備管理の重要性は?

空調は今では生活に欠かせないものです。快適に生活するためにエアコンは必要といえますが、空調設備管理の重要性について知らない人も多いと思います。空調を使用していると臭い匂いが発生したり、冷房や暖房の効きが悪くなります。場合によっては水に漏れる恐れもあるでしょう。トラブルの原因になるのは、タバコや煙など空調のエアフィルターで取り除けない小さなほこりです。ほこりが空調に溜まることで、カビや悪臭を発生させます。カビが発生すると空調からカビが蔓延してしまいます。

カビの菌は目に見えるものではありません。そのビルで空調を利用している人は身体に何らかの影響が出る場合もあります。カビはドレンホースを詰まらせる場合もあるので、故障にもつながりかねません。空調を長く使用するためにも、メンテナンスは定期的に行うことが大切です。

空調の役割は幅広くある

空調設備の管理は大切ですが、冷房や暖房以外にも幅広い役割がある空調について解説します。

空気を換える換気

空調の役割の一つに換気が挙げられます。人はみな酸素を吸って二酸化炭素を出して生活をしていますが、密閉された空間では空気を定期的に入れ替える必要があります。

特にビルなどは多くの人が出入りしますし、密閉されている場合が多いです。酸素不足になる場合もありますので、空調によって換気が適切に行われなければなりません。

汚れを飛ばす

目には見えるものではありませんが、身体などに汚れが付着することが多いです。空気が循環していれば汚れは飛んでいきます。空調があれば身体に付着した汚れを飛ばし、空気を清浄化します。ただし、その分空調が汚れてしまうこともあります。

消臭効果

空調は空気中の臭いを消してくれる効果もあります。ビルによっては飲食店が入っている場合もあり、季節によっては汗の臭いが強くなります。空調があれば、換気の効果によって、ある程度の消臭機能も期待できます。

ビルによって異なる空調の種類

ビルを管理する上で空調設備は大切ですが、ビルに設置されている空調には種類があります。空調によっても設備管理方法は異なります。

ここではビルによって異なる空調の種類について解説します。

雑居ビルに多い個別空調

空調の種類としてまずは個別空調が挙げられます。各フロアを別の会社が管理している空調のシステムです。それぞれのフロアに空調の切り替えのスイッチがあり、従業員が管理している場合が多いです。ビルによっては管理室で、空調の使用状況について確認できる場合もあります。

制御室で管理するセントラル空調

セントラル空調は制御室で空調を一律で管理するものを指します。空調が必要な時間が決まっている商業施設などで採用されることが多く、温度や湿度を管理しています。業者が遠隔操作で空調を操作する場合もあれば、管理人や担当者が空調を管理する場合もあります。

個別空調でもセントラル空調いずれにせよ定期的なメンテナンスは必要です。どんな空調でも使用していれば劣化してトラブルが起こるものです。ビルによっては空調の種類は異なりますが、空調管理は業者に依頼することが大切です。

まとめ

空調設備の管理は配管の取り付けや管理、トラブル対応などさまざまです。日々の使用で、空調は劣化していきます。ほこりや煙などで水漏れや詰まり、悪臭が発生してしまう可能性もあります。空調は冷暖房だけでなく換気や消臭効果を期待できますが、メンテナンスを定期的にしていないと十分な効果は得られません。

「株式会社三愛サービスセンター」では、空調設備の施工や点検、修理に対応しており、24時間快適な生活を送る充実したサポートをいたします。配管や貯水槽、消防設備に関しても幅広く行っております。ビルを管理する専門業者の当社をぜひともご利用ください。

業者の害虫駆除の方法とは? 業者にゴキブリ駆除を頼むメリットは何?

業者の害虫駆除の方法とは? 業者にゴキブリ駆除を頼むメリットは何?

害虫駆除について、自分たちでいろいろな商品を試してみてもあまり効果が見られない。
また、すぐに害虫が出てきてしまう。このような経験をした人は、多いのではないでしょうか。
害虫駆除を専門業者に依頼するのにはメリットがあります。
本記事では、業者は害虫駆除をどのように行うのかについてご説明します。

業者が行う害虫駆除について

業者が行うゴキブリ駆除は何が違うのか

害虫の被害を受けたことがあるという人は多くいらっしゃることでしょう。掃除や害虫に対する専門知識が少ない一般の方にとって、害虫対策を講じるには限界があります。ここでは、ゴキブリを例に挙げて業者がどのような駆除を行うのかを解説します。なお、本記事でいう「業者」とは害虫や掃除の知識を持った専門の業者を指します。

業者にゴキブリの駆除を依頼するメリットは以下の通りです。

  • ゴキブリの習性を理解しているため、適切な施行が可能である
  • 業者に頼むことにより、不快な環境を目の当たりにしなくてよい

業者がゴキブリ駆除時に行う方法として、ベイト剤があります。市販の薬剤ではなくプロ用の薬剤を使いますが、成分自体は市販のものと大きな差はありません。

ならば業者と一般人がベイト剤を仕掛けた場合は何が違うのかといえば、「ベイト剤を仕掛ける場所」に差があります。市販のベイト剤を使っても効果をあまり感じられないと思うときはほとんどベイト剤を食べさせることができていないことが原因です。

業者は一般の方に比べてゴキブリの習性を熟知しています。さらに、住まいの造りからゴキブリの通り道を予測します。そして、正しい場所に適切な量のベイト剤を置くことができます。

次に、ゴキブリを直接吸い付かせて捕らえる粘着シートがあります。しかし、業者が粘着タイプの駆除製品を使う場合はゴキブリが住んでいる数や移動している道を調べる目的が多いです。

最後に、一般の方と業者との最大の違いを解説します。それは、ゴキブリが入り込む場所を的確に見極めて塞いでしまう作業です。とはいうものの、一般に方の場合も材料さえ揃えれば出入口を塞ぐのは可能です。ただし、ゴキブリが入り込む場所を正しく見極めて塞ぐのは、やはり業者でなければ難しいです。このように、業者を利用するメリットは知識があり、正しい作業が可能な点でしょう。

業者が行うゴキブリ駆除の流れ

ここからは、業者はどのようにゴキブリ駆除を施行してくれるのか説明します。まずは、施行する建物内を調査します。これは、ゴキブリがどれだけ増殖しているのか調べることと生息場所の確認が目的です。

それから、ゴキブリの巣周辺を掃除して巣の特定をします。ゴキブリは熱の発生源に巣を作る特徴から、業者によっては、厨房の機械内部まで確認を行うところもあります。

そして、ゴキブリの成虫や幼虫などをバキュームで吸い取ります。その後に、ベイト剤を設置します。また、ゴキブリの種類によってベイト剤の食いつきが変わることがあるので、ベイト剤の種類を豊富に用意している業者もあります。さらに、ゴキブリの習性を理解している業者なら事例に合わせて適切なベイト剤を使い分けています。

飲食店のゴキブリの予防方法

飲食店は、一般の家庭と比べてもゴキブリが発生しやすいです。ここからは、飲食店のゴキブリの予防方法を解説します。ゴキブリを予防する前に、まずゴキブリが巣を作りやすい環境について確認します。ゴキブリが巣を作る条件は、以下の項目をチェックしてください。

【ゴキブリが巣を作る条件】

  • 暖かさがあること
  • 暗さがあること
  • 餌場が近くにあること
  • 湿度が適度にあること

飲食店に、ゴキブリが入り込みやすいのはなぜでしょうか。例えば、一般家庭と比べて大きな換気扇があるということです。そして、閉店後施錠をきちんとしてもドアに隙間があることも原因の一つでしょう。ゴキブリは、驚くことに幼虫の場合約1mmの隙間さえあれば入り込むことが可能です。

飲食店の厨房には、業務用冷蔵庫や調理台の裏などまさに「暖かくて、湿った暗い場所」が存在します。ゴキブリに、これらの中に入り込まれてしまうと人の手が届くことがほとんどないため、増殖には絶好の場所となってしまうのです。

飲食店でのゴキブリの対策も一般家庭と変わらず、入り込ませないことにあります。ゴキブリは、店舗の入り口や換気扇、排水管や排水溝などから侵入してきます。ゴキブリを寄せ付けないアロマやハーブなどを出入口に置くことでも対策できます。

換気扇は、音を出すとゴキブリが入り込むことを防げます。閉店後も換気扇をつけたままにしておきましょう。換気扇をゴキブリが好む理由は、油汚れが換気扇の汚れになって溜まるからです。特に、キッチンの換気扇は著しい油汚れが残ります。そのため、油汚れも食べるゴキブリを近づける原因となります。

排水管は、水が溜まる場所がない場合はゴキブリが入り込むことを許してしまいます。排水溝にふたをすることで予防ができますが、排水管の工事でトラップつきのパイプに変えるのがいいでしょう。排水溝の近くは、退店時にふたをしておきます。密封できるタイプでふたをするだけでも、匂いを巻き散らかさないので侵入を防げます。

また、床や調理台に使った食材のかけらや、コンロ周辺の油汚れを放置することもゴキブリを発生させる原因になります。以上のことを踏まえて、飲食店でのゴキブリの駆除は自分自身での予防や対策以外にも業者への依頼をおすすめします。

まとめ

この記事では、害虫駆除、主にゴキブリに着目して解説をしました。「株式会社三愛サービスセンター」では、ビルや飲食店などのハウスクリーニングを行っております。ご自身で予防をしても、どうしても害虫の駆除がし切れない場合は、ぜひご利用ください。

ビルの清掃内容と相場はどのくらい? 清掃業者選びのポイントは?

ビルの清掃内容と相場はどのくらい? 清掃業者選びのポイントは?

オフィスビルなどでは多くの人が出入りをするため、たった1日でもゴミやホコリ、汚れがかなりたまってしまいます。
汚い仕事環境では仕事に差し支えがあります。ビルで働く人たちが快適に過ごして、仕事に集中するには専門の清掃業者が必要です。
今回はビルの清掃とは具体的にどのようなことを行うのか、清掃業者を選ぶときのポイントについて解説します。

ビル清掃の具体的な内容

ビル清掃では主に共用部分、人の出入りが多い部分に重点を置いて清掃を行います。具体的にどのような内容の清掃が行われているのでしょうか。ビル清掃の一般的な内容について解説していきましょう。

掃き掃除

通路や共用スペースの床、玄関周りの掃き掃除を行います。各テナントの中自体はそこで働く従業員の方々が清掃をしてくれるので、清掃スタッフが必ずしも請け負うわけではありません。あくまでも人が多く行き交う場所や出入りの多い玄関周りを中心に行います。

拭き掃除

窓やテーブルなどの拭き掃除を行います。高いビルの場合はゴンドラに乗って窓ガラスを拭く作業もあります。この作業は資格を保有している清掃員が丁寧に作業をします。

トイレ清掃

トイレは清掃作業の中でも時間がかかり、作業の丁寧さがよく分かる部分でもあります。実際に行う内容としては家庭内でも行うように素材に応じて水洗いします。また便器は丁寧に手で拭き掃除を行い、中の汚れまでしっかりとブラシを使って洗浄します。時間がかかる作業の上、汚れが目立つ部分でもあるので、丁寧かつ手際よく行います。

モップがけによる床掃除

掃き掃除だけでなくモップなどを使って細かな汚れを取っていきます

機械を使った床の清掃

タイルなどブラシをかけても大丈夫な素材の床では「ポリッシャー」と呼ばれる専用の機械を使います。機械で行うため効率が上がり、作業ムラがなくなるため清掃の質も上がりますが、ブラシの遠心力やパワーで体が振り回されてしまうため、しっかりとした専門の技術が必要です。

床のワックスがけ

ゴミを取るというだけでなく、ワックスをかけてゴミが床に吸着するのを防ぎ、なおかつツヤ出しをします。ピカピカの床は歩いていても、とても気分がいいものでしょう。流れとしては上記に記載したポリッシャーなどのブラシ洗浄を行い、その上でワックス剤を床に塗布していきます。

清掃では毎日行う日常清掃と定期的にポイントを決めて行う定期清掃を組み合わせ、汚れや衛生面での問題が起こらないように気をつけて作業をします。定期的な清掃としては、空調機やエアコンフィルターの掃除なども行っております。

清掃業者選びのポイント

ビルの清掃をお願いする場合、清掃業者をどこにしようか悩むことでしょう。ここでは満足いただくためにどのような清掃業者に頼むべきかポイントを解説します。

見積もりが分かりやすく、細かく記載されているか

一般的には清掃業者は下見をしてから見積もりを立てる業者がほとんどです。下見をせずに大まかな見積もりだけで内容も細かく書かれていない場合は、作業内容が明確ではないなど、後々トラブルになる可能性があります。見積もりの金額が極端に安いことなど、予算の範囲内であることも大切ですが、内容の細かさや見積もりを出すときの丁寧さなども加味して検討するとよいでしょう。

スタッフの教育に力を入れている会社か

スタッフの清掃研修やマナー研修など細かな部分まで指導が行われているかの確認は必要です。現在は会社のホームページなどでも力を入れている部分や会社の方針などを確認できます。その上で研修制度や社員育成などにも力を入れているかどうか確認をしておくとよいでしょう。

有資格者が在籍しているか

清掃の仕事は資格がなくても可能ですが、厚生労働省が定める資格があります。主に「ビルクリーニング技能士」「建築物環境衛生管理技術者」「清掃作業監督者」などがその資格となっています。これらの資格を持っている場合、清掃への知識や経験も豊富でしょう。有資格者である場合は清掃に対する技術も質が高いといえます。そのため有資格者が存在している業者にお願いすることも選定のポイントとしてはよいでしょう。

損害賠償に関する保険への加入の有無

細心の注意を払っていても、清掃中のトラブルや事故が起こってしまうこともあり得ます。ビルの会社などでの清掃の場合、考えられるトラブルとして備品を壊してしまった、清掃中に社員に怪我を負わせてしまった状況です。

こういったトラブルは起きないに越したことはありませんが、万が一、起きてしまったときのために保険に加入している業者かどうかの確認をしておくことは必要です。また限度額などの詳細内容についても確認をしておくと、なおのこと安心です。

まとめ

ビルの清掃は日々たくさんの人が利用をするため1日でもたくさんの汚れが蓄積されます。ビルを利用する人たちが快適に利用できるようにするのが清掃業者の仕事です。「株式会社三愛サービスセンター」では心地よい空間づくりと安全安心快適を理念として日々の清掃業を行っております。ビルの清掃をご検討中の場合はぜひ当社までお問い合わせください。

ビルを使用する上で大切な管理! 特徴や管理方法について解説

ビルを使用する上で大切な管理! 特徴や管理方法について解説

生活になじみの深いビルですが、その管理について詳しく知っている人は少ないでしょう。
本記事ではビルを使用する上での管理について解説し、特徴や管理方法についても詳しく解説します。

ビル管理とはどんな仕事?

ビル管理という言葉自体は聞いたことがある人は多いと思いますが、ビル管理は具体的にどのようなことを行うのか理解している人は少ないでしょう。一概にビルといっても、映画館や百貨店などの商業ビルや事務所が集まっているオフィスビル、さらにこの二つが合体した複合商業ビルなど、主に利用される用途はさまざまです。ビルの管理は、ビル利用者がストレスなく過ごせるように設備をメンテナンスすることが大きな役割です。

ビルの大きさによっても特徴があり、床面積3,000㎡以上のビルは管理方法がビル管理法で定められています。床面積が大きくなれば管理の方法も異なり、十分に管理する必要があるのです。

昔と現在のビル管理方法の違い

ビル管理は一昔前と現在では方法が異なっていました。ビルは不特定多数の人が使う施設で、設備も目的に合わせて異なります。ビルには電気設備や動力設備など専門的な設備があります。ここではビル管理方法の昔と現在の違いについて解説します。

連絡がきっかけでメンテナンスを行う昔のビル管理

昔のビル管理は、ビルを日常的に使っている人に何らかの故障が起きた場合、にビル管理会社に連絡して、不具合や故障を直すのが一般的でした。大きな高層ビルなどが建てられ始めた1980代は比較的新しいビルが多かったことから、メンテナンスについて、さほど神経質ではなかったとされています。

日常的にメンテナンスを行う現在のビル管理

ビルという建築物は使っていれば、徐々に劣化していくものです。ビルに限った話ではありませんが、メンテナンスも行わなければ長期間の使用は難しいものです。老朽化の観点からビルの管理方法も昔とは異なり、現在のビル管理は日常的な点検やメンテナンスをすることが多くなりました。安全の考え方が昔と今では大きく変わっています。

多岐に及ぶビル管理の仕事

ビル管理と一言でいっても、管理内容は多岐に及びます。ビルには住宅と一緒で電気や空調、水道など設備が多くあります。排水溝の詰まりや電球が切れるなどの小さいこともビル管理に含まれます。細かいビル設備の場合にはビル管理会社に連絡しないこともあり、管理者が直接行うこともあります。ビル管理法に指定されている場合には水や空気の検査、害虫の駆除などを定期的に行う必要があります。

ビルの管理において注意すべきポイントとは?

ビルにはあらゆる設備があります。ここではビル管理において特に注意すべきポイントについてご紹介します。

悪臭や詰まりの原因になる排水管

ビルには多くの配管が通っています。長年利用することで排水管は劣化します。通常に使用をしていても錆が付着して臭いの原因になりますし、雨水などによって溜まる泥汚れは詰まりの原因になるので、定期的にメンテナンスをする必要があります。

1年に1回の清掃が義務付けられている貯水槽

貯水槽の清掃は、水道法で義務付けられています。1年に1回が決まりになっていて、目には見えないところで砂やゴミが溜まってしまいます。水垢がこびりついてしまうケースも多いです。貯水槽は飲料水用なので衛生管理が必要で、日光を浴びるだけでも藻が繁殖する可能性があるデリケートな部分です。

必要不可欠な空調設備

夏や冬など季節に合わせて空調を利用することは多いでしょう。空調は普段からのこまめな清掃が欠かせません。空調は長年使用していると埃やカビがフィルターに付着します。そのまま使用していると汚い空気を吸ってしまうことになるため、定期的なメンテナンスが必要です。

義務付けられている消防設備点検

消防設備の点検は法律で義務付けられています。点検の結果を消防署に報告する必要もあります。消防設備は命や安全を左右するものなので、火災時には正常に作動しなくてはいけません。消防設備の動作確認は、ビル管理において最重要ともいえる業務です。

まとめ

ビル管理は長期的にビルを使用するために必要な設備メンテナンスをする仕事です。スーパーや映画館、事務所に限らずビルを管理する必要があります。現在では日常的にビル管理が行われており、空調や配管、貯水槽など箇所によっても管理方法が大きく異なります。

「株式会社三愛サービスセンター」では、訓練された専門スタッフがビル管理を行っています。空調や配管、消防設備など幅広く取り扱いいたします。日常的な管理から急なトラブルまで安心して任せられる環境が整えております。ぜひ当社をご利用ください。